何かが道をやってくる

管理人:平井宏樹

『雪風』(曲)

www.youtube.com

 

日本のバンド、スピッツの曲。2016年発表の15枚目のオリジナルアルバム『醒めない』に収録。同バンド40枚目のシングル曲(こちらはアルバムの前年に発売)でもある。

 

正直、最初聴いたときからどことなく死に近い匂いを感じたが、テレビ東京のドラマ『不便な便利屋』のエンディングテーマで、雪景色を歌い上げた純粋な曲の可能性もある。ただ、バンド自身が歌詞の意味について深く語るタイプではないため、本当のところはわからない。

以下、歌詞に関しての個人的な解釈を述べるが、あくまで文字通り一つの「解釈」として受け取っていただければありがたい。

 

歌い手はすでに亡くなっており、生前の恋人に対して励ましを送る。

「割れたかけらと同じものを 遠い街まで探しにいったね」という歌詞は、絶対に届かないと分かっている理想を二人で求めたということだ。くだらないといえばそれまでだが、それだけ深い仲にあったのだろう。

もう歌い手は亡くなっているため二人は会えないが、夢か、あるいは雪原の幻想的な風景の中で出会う。歌を送られる生者は恐らく、何か根本から打ちひしがれる悲しい体験をしたのだろうか。

「敗北」と言うように、少なくとも日本人は悲しい時に北へ、つまり寒いところへ向かう習性があるようだ。たとえば濱口竜介監督の映画『ドライブ・マイ・カー』にも、そう感じさせる描写があった。陽気さから離れて冷静に物事を見極めたいときは、寒いくらいの方がいいのかもしれない。

 

死者の目線を描いた作品には、折口信夫の『死者の書』がある。

生前の記憶を忘れた語り手が糸を手繰るように話すため、全貌を掴むのは難しい。しかしそれが同時にリアリティという節もある。無論、生者が死者の目線を再現するのは夢のまた夢で、簡単に手は届かない。その感触を味わうならオススメの作品だ。

一方で、映画『ゴースト/ニューヨークの幻』(原題:"Ghost")のように、死者の目線を書きながら、バランスの良いエンタメに仕上げた面白い作品もある。ロマンスもコメディーもホラーもあり、満足度の高い作品だ。リアルなら良いというわけではないのだ。

 

ここまで、さも『雪風』が死者の目線を描いているように述べたが、冒頭に書いたとおり全て的外れという可能性もある。

ここまで詩的な含みを持ちながら、気軽にも聴ける曲にできるのは強い。スピッツならどの曲もそうした魅力があるが、『青い車』『ラズベリー』『海とピンク』あたりの歌詞は危なさも含んでて特に面白い。

 

 

参考

 

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

www.aozora.gr.jp

ja.wikipedia.org